バイト保健師として働く場合の注意点!

保健師求人 > 保健師求人-アルバイトの保健師として働く-

保健師求人-アルバイトの保健師として働く-

保健師の資格を持っている場合、正社員として働かなければ資格が活かせないというわけではありません。アルバイトという働き方もあるので、自分に合った働き方を探してみてはどうでしょうか。

正社員として働く場合、どうしても長時間に勤務が必要になってしまいますよね。 親の介護をしていたり、小さな子供を育てているという場合には、正社員として働くのが難しくなってしまうのではないでしょうか。

保健師資格を活かして働けるアルバイト先を探しているということであれば、基本的に日勤の仕事を探すことになります。夜勤のほうが報酬が高い場合が多いのですが、保健師資格が必要になるような仕事は日勤のものがほとんどだからです。

もし、できるだけ効率よく稼ぎたい、夜しか働くことができないという理由で夜間のアルバイトを探しているのであれば、看護師兼保健師という形を検討してみるのもいいでしょう。保健師になるためには看護師としての知識も必要となるわけなので、二つの資格を活かして働くことができる職場もあります。

特に看護師兼保健師が活躍できる職場といえば、介護に関する職場です。24時間体制で介護をしなければならないような施設もありますが、そういったところであれば夜勤のアルバイトを見つけることができるでしょう。

こういった職場では、看護師や介護士も多く活躍しているのですが、看護師の資格のみ、介護士の資格のみでは保健指導をすることができませんよね。 保健指導を行うというのも、保健師の大切な仕事です。

もし、保健師資格を活かして働けるようなバイト先が見つからないということであれば、看護師のアルバイトを探してみるのもいいでしょう。看護師も保健師と同じく、とても需要の多い仕事です。

保健師になるためには看護師資格を先に取得する必要があるため、看護師としても保健師としても活躍することができます。どの職場を選択するかによって勤務時間や内容も大きく異なってくるので、自分の希望に沿った働き方ができる職場なのかよく確認してから決めたいですね。

保育園や幼稚園の保健師として働く

小さな子供が好きだという保健師には、保育園や幼稚園といった職場もおすすめです。今は、出産が済んだら早めに職場復帰をしたいと考える女性が多いですよね。しかし、預けられる場所が不足しているということもあり、職場復帰したくてもできない人がたくさんいるのです。

待機児童をゼロにするために様々な働きが行われていますが、これに伴い、保育園や幼稚園での保育士求人も増えていくと考えられます。保育園や幼稚園だけでなく、児童教育施設、学童保育といった職場もあるので、どこが自分に合っているのか考えてみるといいでしょう。

子供たちを相手にしながら働くことになるわけなので、当然、子供が苦手という人にとっては厳しい職場です。しかし、子供好きの人であれば、自分自身も楽しみながら働くことができるのではないでしょうか。

保育園や幼稚園で働く場合の保育士の大切な役目とも言えるのが、流行性疾患への対処です。 保育園や幼稚園で預かる小さな子供は免疫力が弱いことに加えて狭い空間で一緒に生活することになるわけなので、流行性疾患の子供がいるとすぐに他の子供にうつってしまう可能性が高いです。

早めに病気に気付き、他の子供が被害を受けないように食いとめるというのも大切な仕事だと言えるでしょう。もちろん、担当教諭もこういった点には深く注意しているのですが、担当教諭だけでは気づけないようなこともありますよね。

それから、保育園や幼稚園で預かる子供の中には、アレルギーや先天性の疾患を持っている子供もいます。中には日常でのケアが必須となっている子供もいるので、保育園や幼稚園で預かっている最中に適切なケアを担当するというのも仕事のひとつです。

保育園や幼稚園といった職場は、看護師が活躍できる職場としても人気が高いのですが、求人の中には看護師の募集よりも保育士の募集に力を入れているところもあります。保育士であれば養護教諭免許も取得可能となっているので、こちらを取得しておけば更に採用率が高まるでしょう。